IBM AIX LOGO

AIXでSMT8が使えるようにしてみた。

「POWER8」プロセッサーを搭載するPowerSystemsサーバが発売されて2ヶ月経ちますね。
POWER8プロセッサーで拡張されたSMT(Simultaneous Multi-Threading)が動くのかIBM社が提供している「IBM Power Development Cloud」でPOWER8のLPAR借りてを試してみました。

POWER8のLPARを借りたのに、OSレベルは他のチップと同じ「AIX 7.1 TL02 SP02」??
POWER8提供前のOSなので、H/Wとしては、SMT8をサポートしていますが、OSはサポートしていないんだろうと思いながら確認。

「だめよ、だめだめ!」 って言われちゃいました。
ん〜やっぱり、そうですよね。
POWER8でSMT8が使えない環境で貸し出すには、もしかしたら対応しているTL/SPがまだ提供されていないのか?
と思いならが、上位のTL/SPをダウンロードして調べていると。。。
TL03 SP03にSMT8機能強化の文字を発見!!
TL03 SP03は色々な機能が拡張されているみたいです。また今後の楽しみ。

IV57746をWEBで調べてみると、bos.mp64の更新のようなのでTL3適用後に個別適用ではなく、SP3も適用。

PTF to Fileset Mapping
U858978 bos.mp64 7.1.3.15

IV57746: P8 SMT8 ENHANCEMENTS APPLIES TO AIX 7100-03
再起動後に、SMTのステータスを確認してみると。
「This system supports up to 8 SMT threads per processor.」って表示される。

AIX7.1 LT03 SP03だとSMT8以上が使えるみたいです。
Power5,Power6でSMT2、Power7でSMT4、Power8でSMT8と来ているので当然なのかもしれませんが、SMT6は設定できませんでした。
また、smtctlコマンドのmanドキュメントも更新されていないので、8-wayの記述はありませんでした。
更新されるのかなぁ〜
マルチスレッドの並列分散プログラムは作れないけど、色々遊んで見よぉ〜!

AIXシステム管理 Tips & Technique

AIX―論理分割(LPAR)とAIX 5L V5.2

AIXシステム管理の基礎 (Redbooks (1))

Share on Facebook

“AIXでSMT8が使えるようにしてみた。” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

sponsored link